昭和後期こどもの歴史研究会

~こどもは生まれる社会を選べない。生まれた社会に適応するだけである。Byエミール・デュルケーム~ 昭和後期のこどもが育った社会はどういう社会だったのでしょう。 それは、現在のこどもが育つ社会とはどのように違ったものだったのでしょう。 昭和後期に育ったかつてのこどもたちが、現在のこどもたちに、自分たちの育った社会を語り伝えたいと思います。 それが現在のこどもたちの歴史認識となり、彼らが未来を選択していく上での糧となることを願います。お問合せは、info★takuboy.net。★を@にして下さい。

70年代児童史研究会の発足メンバー募集中

70年代児童史研究会の発足メンバーになったら、具体的にどんなことをするのか、現時点での考えを書きます。

 

(1)活動内容を話し合う

必ず行うことは機関誌の発行です。機関誌は、研究会の中心的な活動媒体にします。ゆくゆくは、集会や、実践活動もやっていきたいと考えています。まだ大枠を決めただけですので、発足メンバー全員で、様々なアイディアをメール等で出し合っていきます。

 

(2)機関誌の作成

活動内容が概ね決まったら、最初に機関誌の発行をします。どんな事を伝えたいか、どんな企画を考えているのか、発足メンバーの皆さんと話し合い、設立準備号を作ります。そして紙媒体のものをPDFか画像でブログに掲載します。機関誌を作れば、70年代児童史研究会はどんな活動をしているのか、よりイメージしてもらえるでしょう。


(3)予算内の運営方法を考える

規模の大きな団体や会社でも、設立当初は、仲間数人で小さなことから始めるケースが多いです。70年代児童史研究会も、最初から大きなことはできません。少ない予算で、できることから始めます。機関誌を作れば、制作費や郵送費がかかりますが、一般会員が少ない初期の段階では、会員費はしばらく無料にする予定でいます。一般会員が増えてきてたら、会員費を決めたいと考えています。予算も増え、規模が大きくなれば、合宿開催など様々なことに挑戦します。

 


機関誌の設立準備号を作成した時点で、70年代児童史研究会の正式な設立日とし、一般会員にメールでお知らせします。まだ手探り状態ですが、少しずつ形にしていきたいので、手助けをしていただける方を募集しています。

■発足メンバー(中心メンバー)になりたい方

info★takuboy.net

※メールを送る時は、上記の「★」記号を「@」記号に置き換えてください。

メールの件名:【発足メンバー応募】お名前

 

 ■入会されたい方(中心メンバーではなく、一般会員として活動を支えたい方)

info★takuboy.net

※メールを送る時は、上記の「★」記号を「@」記号に置き換えてください。

メールの件名:【入会申し込み】お名前

※正式に設立しましたら、メールでご案内いたします。

 

■ご質問やご意見、入会しないけどアイディアを提供したい方

info★takuboy.net、又は、ブログのコメント欄でお願いいたします。

※メールを送る時は、上記の「★」記号を「@」記号に置き換えてください。