読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和後期こどもの歴史研究会

~こどもは生まれる社会を選べない。生まれた社会に適応するだけである。Byエミール・デュルケーム~ 昭和後期のこどもが育った社会はどういう社会だったのでしょう。 それは、現在のこどもが育つ社会とはどのように違ったものだったのでしょう。 昭和後期に育ったかつてのこどもたちが、現在のこどもたちに、自分たちの育った社会を語り伝えたいと思います。 それが現在のこどもたちの歴史認識となり、彼らが未来を選択していく上での糧となることを願います。お問合せは、info★takuboy.net。★を@にして下さい。

第1回70~80年代児童映画上映会・実績報告

f:id:jidoushi70s:20150527070104j:plain

昨年から準備を進めてきた昭和後期こどもの歴史研究会がいよいよ本格的に始動します。その最初の活動として、このたび、2015年5月24日に埼玉県で、第1回70~80年代児童映画上映会を開催しました。上映した映画は、1979年作品の「ガキ大将行進曲」です。

ご来場くださいました方、ありがとうございました。これを機に、上映会を定期的に開催していく予定です。

今回の上映会のチラシもアップしていますが、宣伝目的ではなく、実績報告が目的のため、実施場所など、一部の情報に関しては、ネット上の公開リスクを考慮し、非公開にしています。詳細は、お問い合わせください。