昭和後期こどもの歴史研究会

~こどもは生まれる社会を選べない。生まれた社会に適応するだけである。Byエミール・デュルケーム~ 昭和後期のこどもが育った社会はどういう社会だったのでしょう。 それは、現在のこどもが育つ社会とはどのように違ったものだったのでしょう。 昭和後期に育ったかつてのこどもたちが、現在のこどもたちに、自分たちの育った社会を語り伝えたいと思います。 それが現在のこどもたちの歴史認識となり、彼らが未来を選択していく上での糧となることを願います。お問合せは、info★takuboy.net。★を@にして下さい。

福島市野田児童センター再訪

去る日曜日に、仙台の東北学院大学を会場に、埼玉県小学校教諭採用後期試験があり、受験に行って来ました。

その帰り、夏に上映会を開いた福島市野田児童センターを再訪しました。

上映会を開いた時期は暑い盛りであり、日脚が長い時期でもありました。

しかし今回は保護者がお迎えに来る頃にはすっかり暗くなっており、上映会からずいぶん時間が経ったのだなと感じています。

私のことを覚えていてくれたこどもが、今回もドッジボールに引き入れてくれました。

上映会に来ていなかったこどもも少なくなかったのですが、あっと言う間に私のことをあだ名で呼んでくれる間柄になっていました。