昭和後期こどもの歴史研究会

~こどもは生まれる社会を選べない。生まれた社会に適応するだけである。Byエミール・デュルケーム~ 昭和後期のこどもが育った社会はどういう社会だったのでしょう。 それは、現在のこどもが育つ社会とはどのように違ったものだったのでしょう。 昭和後期に育ったかつてのこどもたちが、現在のこどもたちに、自分たちの育った社会を語り伝えたいと思います。 それが現在のこどもたちの歴史認識となり、彼らが未来を選択していく上での糧となることを願います。お問合せは、info★takuboy.net。★を@にして下さい。

少年と心身の成長と経済成長と

福島市野田児童センターまつりに行って来ました。

6月12日(日)でした。

児童センターまつりは、遠い未来のように思っていました。

上映会だけ行って、その場限りの旅人に終わりたくないと「来年6月の児童センターまつりに参加したい」とセンター長に申し上げたのが、昨年11月の再訪時でした。

「シャボン玉コーナーを東京の人に担当してもらっており、前例がある」とのお返事でした。

ただ、私が担当した「靴飛ばし」コーナーは閑古鳥。

隣の的当てコーナーが、特に努力をしなくとも、常に行列ができていたのと対照的でした。

「靴飛ばし」をスタンプラリーの一環にでも位置付ければ、もっと多くの来客があったのではないかな、と思います。

 

昨年11月から7か月が経っており、こどもは大きくなっていました。

「靴飛ばし」コーナーでお客を探していたら、右斜め下に視線を感じました。

私がそちらのほうを見たところ、上映会時に「子役の顔が渋い」と発言したK君がいました。

そうして、K君が隣のコーナーで的当てをしている姿を見て、投球の力が強いことにびっくりしました。

4年生になり、急に体力が付いたのですよね。

K君が「これから野球の練習がある」とそそくさと帰って行くのを見送り、もし1年後に会ったら見違えっているだろうな、と思いました。

ずっと見ていればあまり感じないのかもしれませんが、たまに会って急にこどもが成長していると、自分が置き去りにされた感じがします。

一方、私に焼き鳥を差し出した4年生のA君。

私はA君を初対面かと思いました。

しかし、A君は昨年の上映会に来てくれており、「少年が山登りする映画を見た」と語りました。

K君のように目立った言動があったわけではなかったので、私はA君に気付いていませんでした。

ここでは、「少年」という単語選択に注目すべきでしょう。

横文字が氾濫し、感覚的な言葉が横行するこの現代で、あえて「少年」という漢語を選択したところを見ると、登場人物たちを「少年」という言葉で表すのが相応しい要素があったのでしょうか。

「少年探偵団」と言うように、「少年」という言葉は平成生まれの幼少期に対して使うのではなく、昭和生まれの幼少期に対して使うのが相応しいとも考えられます。

「少年」の成長イメージと、経済成長のイメージを重ね合わせられた、と解釈するのも考え過ぎではないような気もします。

経済成長期にたまたま自分の成長期が重なった人は、自分の成長期に思う存分自分の「少年」性を発揮できる、とも勝手に推論できますよね。