読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和後期こどもの歴史研究会

~こどもは生まれる社会を選べない。生まれた社会に適応するだけである。Byエミール・デュルケーム~ 昭和後期のこどもが育った社会はどういう社会だったのでしょう。 それは、現在のこどもが育つ社会とはどのように違ったものだったのでしょう。 昭和後期に育ったかつてのこどもたちが、現在のこどもたちに、自分たちの育った社会を語り伝えたいと思います。 それが現在のこどもたちの歴史認識となり、彼らが未来を選択していく上での糧となることを願います。お問合せは、info★takuboy.net。★を@にして下さい。

こちらは大韓民国1970k㎐

韓国の1970年代の生活ぶりを再現して見せる展示会が、ソウル中心部の世宗文化会館であったそうです。

それがネット上で紹介され、私も興味深く拝見しました。

韓国の庶民の生活空間を再現して見せ、そこにあるのはアナログラジオ、ミシン、そうして肌身離さず持ち続けている祖先の位牌。

母子家庭のイメージだな、と思いました。

この時代の韓国は、所得はコートジボアール並みで、政治に対する不満を口にしたらそのまま逮捕、いつ北に攻められるか分からない、という大変な時期だったのです。

ただ、この時期の日本は、フジテレビが娯楽路線に舵を切る直前で、韓国マスコミの健全路線が私には輝いて見えていました。