昭和後期こどもの歴史研究会

~こどもは生まれる社会を選べない。生まれた社会に適応するだけである。Byエミール・デュルケーム~ 昭和後期のこどもが育った社会はどういう社会だったのでしょう。 それは、現在のこどもが育つ社会とはどのように違ったものだったのでしょう。 昭和後期に育ったかつてのこどもたちが、現在のこどもたちに、自分たちの育った社会を語り伝えたいと思います。 それが現在のこどもたちの歴史認識となり、彼らが未来を選択していく上での糧となることを願います。お問合せは、info★takuboy.net。★を@にして下さい。

第4回『ガキ大将行進曲』の上映会

1月7日(土)19:10~20:50に、埼玉県越谷市立南越谷公民館で、『ガキ大将行進曲』の上映会を行いました。

教員採用試験の勉強会の一環です。

上映時間が中途半端であるのには、訳がありました。

映写機が動かなかったり、画像が上下逆さまになったり。

中学校数学を志望している方が、「“おわり”と書いてある」と指摘して下さり、後半が前半に、前半が後半に巻き戻してあったことが判明しました。

故障ではありませんでした。

上映中に「小学校では“生徒”とは呼ばない」「昭和時代と平成時代とでは、逆上がりの持ち手が違う」といった声が上がっていました。

小学校で担任外をしていらっしゃる方が、「初心に戻れる映画」「“こどもの心は変わらない”と思える映画」「教員を志望した頃の気持ちを思い出せる映画」と批評して下さいました。

“心”という言葉が二回出ています。

“童心主義”映画と言ってもいいのではないでしょうか。