昭和後期こどもの歴史研究会

~こどもは生まれる社会を選べない。生まれた社会に適応するだけである。Byエミール・デュルケーム~ 昭和後期のこどもが育った社会はどういう社会だったのでしょう。 それは、現在のこどもが育つ社会とはどのように違ったものだったのでしょう。 昭和後期に育ったかつてのこどもたちが、現在のこどもたちに、自分たちの育った社会を語り伝えたいと思います。 それが現在のこどもたちの歴史認識となり、彼らが未来を選択していく上での糧となることを願います。お問合せは、info★takuboy.net。★を@にして下さい。

「先生のつうしんぼ」上映会実行

5月29日(月)に行いました。

今回の企画には、二つ新しい点があります。

一つには、平日に実行したこと。

もう一つには、私の昨年の勤務校の学区にある公民館で実行したことです。

事前にチラシをポスティングするなどしたら、昨年の私の教え子8人(5年生、男2人、女6人)が来てくれました。

流行りの作品ではないのだから、知っているこどもでないと来てくれないことが分かりました。