昭和後期こどもの歴史研究会

~こどもは生まれる社会を選べない。生まれた社会に適応するだけである。Byエミール・デュルケーム~ 昭和後期のこどもが育った社会はどういう社会だったのでしょう。 それは、現在のこどもが育つ社会とはどのように違ったものだったのでしょう。 昭和後期に育ったかつてのこどもたちが、現在のこどもたちに、自分たちの育った社会を語り伝えたいと思います。 それが現在のこどもたちの歴史認識となり、彼らが未来を選択していく上での糧となることを願います。お問合せは、info★takuboy.net。★を@にして下さい。

北村充史『テレビは日本人を「バカ」にしたか?-大宅壮一と「一億総白痴化」の時代-』平凡社、2007年を読んで

民間テレビが、娯楽番組でやらせを行うのは、「電波少年」に始まることではないようです。

1956年11月3日、日本テレビ早慶戦の早稲田側応援席にスタッフを潜入させ、慶応の応援をさせてみたのが、その端緒だったようです。

すぐさま、評論家の大宅壮一さん(1900~1970)が反応し、「テレビは日本人を馬鹿にする」という論陣を張ったそうです。

中部日本放送社員・永田:「日本でも今は、教養番組では金にならない。そこで教養番組は辺鄙な時間に片付けられて、白痴化の番組だけが威張って出ているわけです。こういう時こそ、NHKを大きく育てて行かなければならないと思うのですが。」

大宅:「ところが、そのNHKが、白痴化競争に乗り出して来るんだね。」

作家の松本清張さんも、同様の論調を張っています。

1981年、私の1個下の後輩が、「♪ギンギラギンにさりげなく…」と口ずさんでいました。

「何、その歌?」と聞いたら、後輩は「先輩が知らない歌ですよ」と答えました。

「テレビ番組は、今くらいがちょうどいい」「今までみたいなテレビ番組では、夜の放送は12時で終了」とも言っていました。

テレビの娯楽番組を見ていると、仲のいい同世代の友達の顔が浮かぶのですよね。

1981年に、フジテレビが娯楽路線に舵を切り、1989年にNHKが娯楽路線に舵を切るまで、80年代一杯を掛けてテレビ番組の娯楽化は進行します。

NHK教育テレビ「You」は、高校の文化祭をモデルにしたと言われます。

そうしてテレビ番組の娯楽化は、キラキラネームの普及と軌を一にしています。

生まれた赤ん坊にキラキラネームを付ける時は、恐らく同時期に親になった、仲のいい同世代の友達の顔が浮かぶのではないでしょうか。

日本人の白痴化の進行には、「仲のいい同世代の友達」という要素が付いて回ります。

一方で、「テレビは日本人を馬鹿にした」と断定する人は、活字で育った世代の知識人に多いそうです。

大宅さん自身も、70歳で亡くなっています。

人生70年の時代です。

しかし、活字で育った世代が日本社会の主流であった頃は、「今までにはいなかったような犯罪者が跋扈している」ような心配もなかったのではないでしょうか。