昭和後期こどもの歴史研究会

~こどもは生まれる社会を選べない。生まれた社会に適応するだけである。Byエミール・デュルケーム~ 昭和後期のこどもが育った社会はどういう社会だったのでしょう。 それは、現在のこどもが育つ社会とはどのように違ったものだったのでしょう。 昭和後期に育ったかつてのこどもたちが、現在のこどもたちに、自分たちの育った社会を語り伝えたいと思います。 それが現在のこどもたちの歴史認識となり、彼らが未来を選択していく上での糧となることを願います。お問合せは、info★takuboy.net。★を@にして下さい。

戦後の児童大衆文化

国立民俗歴史博物館に行って来ました。

京成佐倉へは、我が家から2時間以上掛かるのですが、企画展「1968年-無数の問いの噴出の時代」が今日までだったので、思い切って出掛けることにしました。

この時期に学生運動を担った人たちは、昭和後期のこどもに教えた教員、あるいは昭和後期にテレビに出て来た正義の味方と同世代だと思われます。

この世代の人たちの価値観に基づいて、現在のこどもを育てるべきであるとも言えます。

常設展にも目を奪われました。

特に印象に残ったコーナーが、「大衆文化に見る戦後のイメージ」。

10年刻みの学校給食の再現に関心を持ちました。

50年代は、脱脂粉乳に、コッペパンに、鯨の竜田揚げ。50年代の生まれの人で、あの時代の嫌な点として「嫌いな鯨を無理やり食べさせられた」経験を挙げた人がいましたが、この給食の思い出であると考えられます。私でも古いと感じます。

60年代は、脱脂粉乳と牛乳半々に食パン、ハンバーグ、みかん。まだ木造校舎が主流だったでしょうね。

70年代は、完全牛乳にミートスパゲティー、ババロア。私の子供時代の学校給食であり、私が小学校中学年だった頃に食の貧しさは一掃されたと考えていいでしょう。むしろ1975年の栄養バランスは、農林水産省が「日本型食生活」と命名してモデル化しようとしたくらいです。

長谷邦夫さんが作画した「怪物くん」が陳列してありました。

隣で見ていた若い女性たちが、「わ~、怪物くん!」と歓声を上げていました。

共有するものがなさそうなのに、共有するものがあったら新鮮なのでしょうね。

はしだのりひこさん逝く

先日かまやつひろしさんが亡くなったと思ったら、今度ははしだのりひこさんが亡くなりました。

ご両者は、私の記憶に残る最も古い歌手とも言えるのですよね。

幼稚園に上がるか上がらないかの頃、テレビで見た弦楽器の楽団の絵を描いた記憶がありますが、あれは今から思えばはしだのりひこさんだったのですよね。

中央にギターなどの軽い弦楽器があり、その隣にチェロなどの大きい弦楽器があり、両端にコントラバスなどのもっと大きい弦楽器がありました。

コントラバスの巨大さにびっくりしました。

私の幼少期の大人たちが一人ずつ消えて行くのは寂しいですね。

天然痘が流行っても改元が

元号が、201951日に施行されるそうです。

平成31年度が1か月しかないというのはよく分かりませんね。

平成が大方の予想よりも1か月伸びることで、平成生まれの赤ちゃんが何人増え、平成没の老人が何人増えるのでしょうか。

平成314か月を2で割ると、平成真っただ中は2003年夏になるのでしょうか。

ウィキペディアでこの年にあったことで目立つことを見ると、

イラク戦争。軍事評論家などという人は、昭和後期にもいるにはいましたが、戦争放棄の掛け声の下に、あまり日の当たる存在ではありませんでした。

・駿くん殺害事件。2001年の宅間の事件の時は、騒いでいるのは専ら親や教師でしたが、この事件では「こどもがこどもを殺した」ことから、こどもの間にも一気に警戒が走りました。

・通り魔。「地域防犯マップ」などというものは、多分に通り魔を意識したものだと思われます。

・肺炎。流行るものは流行るのです。人間だから、日本にいるから、体力があるからと安心はできませんでした。

平成は、戦争・犯罪・病気など、痛いものが必要以上に流行った時代だと思います。

これが一世一元ではなかった江戸時代以前ならば、阪神・淡路大震災東日本大震災を契機に改元していたところなのでしょうね。

平成時代など、早く過去のことにしたいです。

正常化

昨年のアメリカ大統領選挙では、トランプ候補が雇用問題について語っていた時に、クリントン候補は「性同一性障碍者のトイレをどうするか」について語っていたそうです。

日本流に色分けして、トランプ候補を保守、クリントン候補をリベラルと見做すならば、保守とリベラルの争点が嚙み合っていなかったことになります。

その点、日本では保守とリベラルが同床異夢で「性同一性障碍者のトイレをどうするか」について真剣に取り組んでいるのですよね。

リベラルが多様性を主張すれば、それは人権政策になります。

一方で、保守が多様性を主張すれば、それは経済政策になると言えるでしょう。

つまり、日本が一億総中流で、サザエさん一家を日本人のモデルケースとして国民の9割が該当した時代なら、保守が多様性を言う必要性はなかったのですよね。

男は社畜、女は家事・育児。

これでほとんどがうまく行ったのです。

仮に家族の中に性同一性障碍者が現れても、家庭内福祉で何とかできたかもしれません。

少数派に合わせて社会を変えるのではなく、少数派を顕在化させない社会に戻すことが必要であると考えます。

なまじ自民党の選挙公約に「多様性を受け入れる社会の実現を目指す」と盛り込んだものだから、竹下亘さんは自説を通すことができなくなったのですよね。

先般の衆議院議員選挙で、「一億総中流と呼ばれた頃の日本には、“お互い様”の文化があった」と強調した候補が、もし昭和後期を理想としてくれるのなら嬉しいことです。

改造人間

私の勤務校の2年生が、国語の授業で物語を創作しました。

N君という男の子が、渡されたフォーマットに「親友と住んでいる」と設定を書きました。

今時のこどもにしては、友情に厚いですね。

そうして、N君の机の下に鉛筆が落ちているのを発見し、「落ちていたよ」とN君の机の上にその鉛筆を載せました。

するとN君は、その鉛筆を見るなり、「変態!」と言って弾きました。

鉛筆を拾って見てみると、キティーちゃんの絵が描いてありました。

隣の女の子の鉛筆だったのです。

思わず、心の中でN君に拍手を送りました。

男の子が、女の子向けの鉛筆を持っていたら、変態だと言うのですよね。

現代の個性・多様性教育では、「女の子の心を持った男の子は多様性の象徴」と称賛されるところでしょう。

先日も、このブログで「男の子向けのお世話人形」「女の子向けのプラモデル」を紹介しました。

N君は、個性・多様性教育に洗脳されていないと言えます。

ジェンダーフリーの立場に立つ女の先生が、N君の発言を聞いたらきっとN君を叱責することでしょうね。

「変態」という下品かつ差別的な言葉を使ったことに対してではありません。

心の中に男女の敷居があることに対してです。

私の勤務校の方針で、N君に対しても「Nさん」という言葉が使われています。

「Nさん」の心の中にあったごく自然な男女の区別を、人工的に改造して何になるのでしょうか。

女性の良きパートナー

今日、勤務校の3年生の授業で、私がT君のことを「T君」と呼称したら、こどもがざわつきました。

T君いわく、「なぜ俺だけ“君”付けなの?」。

以前は男の子に“君”付けしていた年輩の男の先生も、最近は“さん”付けしています。

学習支援で入っている年輩の女性は、「“君”でいいんじゃありませんか」と言いました。

1年生の授業で、N君のことをどう呼称していいか分からず、「N」と呼び捨てを口走ったら、障害児の補助で入っている年輩の女性の先生が「呼び捨てをしてはいけません」と敏感に反応しました。

「N君」と言い直したら、すかさずこの女の先生が「この学校では男の子にも“さん付け”をしています!」と追い打ちを掛けました。

年輩の女の先生で、低学年を教えている人にはありがちなのです。

私は、教員採用試験を受けている方から、「あなたが、喧嘩をできるような男の子を育てようとしていることは分かる」と言われたことがあります。

喧嘩一つできない現在の男の子は、妙に目付きが優しいのです。

女の子とも仲良く遊べる目付きです。

男の子がこうなることで得をするのは誰でしょうか。

将来の女性の同僚や、将来の配偶者だと思います。

男が威張らなければ、男女が肩を並べて働くことができるし、男が優しければ、家事の半分を分担してもらえるからです。

私は童心ロマン主義の観点から「喧嘩をできるような男の子」を唱えていますが、年輩の女の先生は男女関係の観点から「優しい男の子」を唱えているのであり、議論をしても噛み合うことはありません。

私は、前出の学習支援員の女性に、「自分には男の子の“さん”付けは思想的にムリだ」と述べました。

若者は変革を求める

最近の若い人は、自民党を支持する傾向が強いそうですね。

私の認識と異なり、当惑しているところです。

昭和後期に形成された私の認識では、70代以上が最も自民党を支持し、60代、50代、となるにつれて自民党の支持が減って行き、20代は自民党支持が最少になるはずでした。

そうして若者は新しいものが好きだから、彼らが野党を支持するのは当然のことだろうな、と受け取っていました。

更に時代が流れ、社会が進歩すればするほど、自民党の支持基盤はなくなっていくのかな、という気もしていました。

しかし、ここで言う若者とは、団塊の世代の若い頃のことだったのですよね。

今でも団塊の世代に当たる60代は、他の世代に比べて安倍内閣支持率が低いそうです。

若い人の中でも、「就職もできたし、今のままでいい」という人は、どの世代にもいる大衆という存在でしょう。

岸信介元首相が言った「声なき声」とは、大衆のことであると考えます。

全共闘の時代に、中核派全学連の委員長が「無知な大衆を乗り越え」と演説し、直ちに非難されたと聞いています。

ただ、「野党は理想ばかりを言う」「それに対して、自民党はしっかり現実対応してくれる」と言って、若い人たちが町工場の社長と一緒になって自民党現職を応援しているというのでは、どこか違和感を覚えます。

若者に理想が通じないのですから。

「♪昭和無理、どこから見ても平成がいい」と歌った平成ジャンプのメンバーたちが、1993年生まれであるとのことです。

中国の古典『十八史略』に「鼓腹撃壌」という物語があります。

インターネット上の辞典では、「鼓腹撃壌」を以下のように説明しています。

<古代中国伝説上の聖天子である尭が、世の中が治まっているのかどうかを確かめるために、ひそかに市井に出たとき、老人が腹つづみをうち、地面をたたいてリズムをとりながら、太平の世を謳歌する歌をうたっていたという故事から>

平成ジャンプは現代版の「鼓腹撃壌」を歌い、太平の世を謳歌しているのかもしれません。