読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和後期こどもの歴史研究会

~こどもは生まれる社会を選べない。生まれた社会に適応するだけである。Byエミール・デュルケーム~ 昭和後期のこどもが育った社会はどういう社会だったのでしょう。 それは、現在のこどもが育つ社会とはどのように違ったものだったのでしょう。 昭和後期に育ったかつてのこどもたちが、現在のこどもたちに、自分たちの育った社会を語り伝えたいと思います。 それが現在のこどもたちの歴史認識となり、彼らが未来を選択していく上での糧となることを願います。お問合せは、info★takuboy.net。★を@にして下さい。

「東大手サロン」の交流会に参加

昭和後期こどもの歴史研究会 代表者 執筆

 

これから本会の活動をどのように展開すればいいのか、ヒントになるのではと思い、先月1月28日に、第1回「東大手サロン」という交流会に参加しました。地域や社会の課題解決に取り組む人や関心のある人が集まる場です。

 

集会の内容は未知数でしたが、参加しやすい雰囲気を主催者の方が作ってくださり、和気あいあいと楽しくて勉強になる時間を過ごしました。今回参加した人たちも、様々な面白い団体活動をしていて、大いに刺激をもらいました。ゲストの方は、市民活動の場の提供、相談、研修活動に関わっていて、市民活動センターについての濃い内容も聞き、参加して良かったです。

 

最初に自己紹介をした時、本会のことを紹介しました。 「昭和後期こどもの歴史研究会」の代表者と言った時、皆さまが驚いていたように見えました。ただ、そこで引け目を感じたことがあります。本会の事務長の協力により、他県では上映会を開催しているのに、肝心な代表者の地元では特に何もしてなかったことです。これからは愛知県内を重点的に活動をしていくと決めたので、「東大手サロン」のような交流会が開かれたことは、とてもありがたいことです。

 

愛知県のどこかで、16ミリ児童映画の上映会が活発に行われる地域を作り上げたいと考えています。