昭和後期こどもの歴史研究会

~こどもは生まれる社会を選べない。生まれた社会に適応するだけである。Byエミール・デュルケーム~ 昭和後期のこどもが育った社会はどういう社会だったのでしょう。 それは、現在のこどもが育つ社会とはどのように違ったものだったのでしょう。 昭和後期に育ったかつてのこどもたちが、現在のこどもたちに、自分たちの育った社会を語り伝えたいと思います。 それが現在のこどもたちの歴史認識となり、彼らが未来を選択していく上での糧となることを願います。お問合せは、info★takuboy.net。★を@にして下さい。

塩田武士『罪の声』講談社、2016年を読んで

グリコ・森永事件の脅迫電話に登場した男児が誰であるかを追うフィクションです。

 青酸入りのチョコレートがスーパーマーケットに撒かれたことで、我が子が被害者になることを恐れた主婦たちが、テレビの情報番組を頼りにするようになったそうです。

 浜井浩一『犯罪不安社会-誰もが「不審者」?-』光文社、2006年では、21  世紀に入ってからの「こどもの安全大合唱」の原因は、テレビの情報番組にあると断言しています。 

やはり「現在」は、1980年代半ばに用意されていたのでしょうか。

それにしても、なぜ主婦たちがテレビの情報番組を信頼するのかは不明です。

怪談と同じで、できるだけ視聴者を不安にさせた情報番組が視聴率競争で「勝ち」であることは分かっていると思うのに。