昭和後期こどもの歴史研究会

~こどもは生まれる社会を選べない。生まれた社会に適応するだけである。Byエミール・デュルケーム~ 昭和後期のこどもが育った社会はどういう社会だったのでしょう。 それは、現在のこどもが育つ社会とはどのように違ったものだったのでしょう。 昭和後期に育ったかつてのこどもたちが、現在のこどもたちに、自分たちの育った社会を語り伝えたいと思います。 それが現在のこどもたちの歴史認識となり、彼らが未来を選択していく上での糧となることを願います。お問合せは、info★takuboy.net。★を@にして下さい。

映画を製作して観たいけど

先日教え子に「先生のつうしんぼ」を見せた時も、趣旨が通じていないな、と感じていました。

「この映画に出て来る子役たちは先生と同い年」と言っていたものが、こどもたちには「先生はこどもの頃子役をしており、先生が子役として出演している」と取られていたのです。

子役として出演していたなら、DVD化を許可する側に回りますよね。

その映画の関係者でもないのに、その映画を見せたいというのが、分かりにくかったかもしれません。

自主制作映画に取り組んでみるべきですかね。

平成に入ってからの児童文学作品でも、実写化してみたい作品はあります。

例えば、『夏の草-The Friends』(1994年)。

ただ、ここで登場するサッカー少年は、Jリーグに憧れているのではなく、実業団に憧れている、とイメージを変えなければならなくなります。

果たしてそういうイメージ改変を、原作者が許してくれるかどうかと思うのです。

原作から自主制作すれば、そういう問題も起こらないでしょうが、相当時間が掛かりそうです。

こどもに短編の原作を考えてもらい、それを2~3分の映画に纏めるところから始めましょうか。